ARCHIVE

免許だけでない仲間達

免許合宿で得られるのは免許だけでなく、合宿先で知り合った仲間達との出会いです。普段は講義を受講し、空いた時間は勉強して忙しくなかなか出会いがないように思えますが、いままでで紹介してきたレクレーションや同じ教習所で苦楽を共にしてきたものどうし分かちあえる思い出があります。特に、免許合宿で相部屋になった人と勉強後一緒に街を散歩してみたり、イベントに参加したりするとより一層友情が深まります。他にも、仲間ができることによって免許取得へのモチベーションがより湧き、苦しい勉強も乗り越えられ有意義な時間を過ごせます。

また、免許合宿で出会った人と恋人同士になる可能性もあります。教習で忙しい中、食堂で知り合った異性の人とちょっとした会話をするだけでも恋に発展します。一緒に話す中で、テニスやカラオケなどのお互いに合う趣味が見つかると距離はグッと縮まります。そして、共通した趣味を合宿先で行われるレクレーションで一緒に楽しむことでますます距離が縮まりよい関係が築ける機運が高まります。

免許合宿をただ単に免許を取得するためだけの場と考えずに出会いの場とも考え、合宿先で積極的に話しかけてみると免許だけでない深い友情をえられます。そのため、合宿先では閉鎖的にならずにフレンドリーに周りと接していくことが好ましいといえます

合宿先を選ぼう!

それでは実際に免許合宿先を選んでみましょう。免許合宿先を選ぶときは自分が行きたいと思う地方にある教習所を選ぶことでモチベーションが湧き充実した免許合宿になります。一度訪れたい場所で免許を取れると近所の教習所で取得した免許と違い思い出深い免許になるでしょう。そのため、合宿先を選ぶときは一度おおまかに好きな都道府県を選んで集中的に調べてみるのが最適な合宿先の探し方であるといえます。

また、入学する年の季節に合わせた地方を選択するとより一層楽しむことできます。夏ならば南部の地方で合宿すると合宿の合間に海辺でバケーションを楽しめたり、冬ならば北部の地方で合宿するとウィンタースポーツを楽しめたりと地方と季節の特性が合いまって免許の勉強だけでない違った生活をできます。逆に、季節に対して気温が高いまたは低い地方に入学すると避暑地または避寒地として過ごしながらのびのびと免許の勉強ができ、快適に過ごせます。

料金面では入る時期によって大きく変動します。学生さんが数多く入校する1月から3月、7月から9月は混雑し値段も高くなります。そのため、一般の方は4月から6月、10月から12月にかけてはあまり混雑せず値段もやすくなります。そのため、一般の方が免許合宿にいくにはそのような時期に有給などを入れて取りに行くとよいでしょう。一方、学生さんが免許合宿にいくならば春休み期間での合宿を目指して3カ月ほど前に予約しとくことをおすすめします。早く申し込むことで枠に入ることができ、早割りを受けることができます。

また、早割だけではなく学割、2名以上ならグループ割りを受けることができそれらをすべて適用すると1万円強ほどの割引を受けることができます。また他の条件を満たすとさらに割引をうけられ最大で約2万円の割引を受けられます。他にも、春休みは夏休みと違い学年があがる一段落ついた時期であるため学校での勉強に縛られない時期であるため免許の勉強に集中できるため料金面だけでないメリットもあります。

免許合宿のバラエティ

免許合宿はただ免許を取るだけでなくさまざまなイベントやレクレーションがついたものがあります。例えば、入学した学校の都道府県の観光名所を巡るツアーがついているものもあり、免許取得後に名産品を思う存分食べられるといったことができます。レクレーションが付いた免許合宿は免許の勉強で疲れたときに良い気分転換をすることができ、一人で免許合宿に参加したとしてもレクレーション、イベントがあればそのときに知り合った仲間と交友を築くことができ安心して合宿に臨むことができます。

また、季節ごとに行えるレクレーションがさまざま用意されており季節に適したレクレーションが行えます。夏では浜辺で海水浴を楽しめ、冬の場合はウィンタースポーツを行える免許があります。

特にウィンタースポーツ付きの免許合宿ですとプランによりますが格安でスキー道具を借りることができ、教習所によっては何回でもスキー道具貸し出無料のところもあります。また、雪の性質もよく極上のパウダースノーでスキーを楽しめるうえ、2週間で普通AT車であれば税込み約20万円から30万円ほどです。普通ならばウィンタースポーツの入場料、レンタル代合わせて1日で約1万円から2万円ほどかかるためそこで2週間連続でウィンタースポーツをすれば最低でも14万円かかるためかなり格安であるといえます。

関連ホームページ > http://www.menkyo-takumi.com/
スキー・スノボプランの免許合宿を紹介している《免許の匠》です。

免許合宿は最適な手段

そろそろ免許を取得したいと思っている方もいるでしょう。どのように免許を取るかお悩みではないでしょうか?近くのドライビングスクールに通って取得するかそれとも免許合宿に参加して免許を取得するか人それぞれだと思います。しかし、ドライビングスクールでの取得方法は近場で気軽に免許を取得できるメリットがありますが、ただ単に学校に通って教習をうけて免許を取得するという単調でつまらないと思うことがでてきてしまいます。一方、今回紹介する免許合宿のほうがただ単に勉強できるだけでなく、ウィンタースポーツを楽しめたり、免許合宿を通して出会いがあったりとメリットが数多くあります。

ドライビングスクールですと学校の込み具合やスケジュールと重ね合わせて通う必要があり卒業するために時間がかかってしまい早くとも1カ月ほどかかってしまうことがありますが、免許合宿の場合は、合宿に参加した時点からカリキュラムか決まっており、スムーズに進行するように調整されているため14日ほどと短期間で効率的に学ぶことができます。料金の面でも違いがあり、通学して通った場合は初めての場合AT車だと約26万円かかってしまいかつ試験に合格しなかった場合さらに料金をとられる場合もありますが、免許合宿の場合はAT車で宿泊代、食事代、教習代で約20万円とお得な料金設定になっています。また保証も充実しており、万が一試験に合格せず予定より長く在学することになったとしても特定の期間は宿泊代、教習代等の費用が無料になるサービスもあります。

以上のことを踏まえると、合宿免許のほうが良いような気がしませんか?今回は免許を取得する際に近場のドライビングスクールに通うか、それとも免許合宿に通うか迷っている皆様に役立てれば幸いです。それでは、これより免許合宿について詳しく説明します

loading
×